会社ニュース 業界ニュース 公式ビデオ

ニュースセンター

NEWS CENTER

現在位置:トップページ> ニュースセンター > 業界ニュース

水製品、海産物の日の販売量は超25トン

2017-05-22

昨日の天気は与えない力には小雨が降っているが、市民が正月用品を買いの情熱は少しもされていない霧雨火を消す。年博会の主会場の西の渡し場と分会場江蘇潤康寒い陣市場内はとても賑やかで、ぶらぶらしない正月博会の市民は電話で聞いている2つの会場の営業時間。今日も雨がない場合は人込みの中を歩いて愛しないうちにこの時に来てぶらぶら年博会でしょう。

太刀魚■タチウオ

最も安いのは10元1斤にはしない

昨日午前、天漂って小雨、朱方路江蘇潤康寒い陣の市場で多くの市民の用意に正月用品。記者発見、タチウオこの日々はずっと分会場の主力製品で、甚だしきに至っては市民成箱購入。

市場内での冷蔵庫冷凍庫の入り口で、記者は見て、直売所を手伝って市民に囲まれて、販売員で忙しい。販売スタッフを1名の王は、主要販売水産品、冷凍食品や鍋材料、この2日間の販売は漸く佳境に入る。一名選ぶ鍋材料のおばさん、各種の団子全てじゅうに元/斤、価格も安いとは言えないけど、彼女は以前を買った、口当たりがいい。

より売れる人気の鍋材料は、冷凍の良いタチウオ、何人が老人に直接買っ箱、一箱のほとんどは十斤。「私たちの本タチウオ、一番安くて、計算して下りてきてじゅう元の1斤に届かず、外の市場より安い何元か。」この仕事者は。

江蘇潤康寒い陣市場関係者によると、ここ数日、彼らの水産品、海産物の日の販売量が25-30トンに達したとの間には、販売台数はかなり。

お土産には■■■お土産

メイン会場、これらのガジェット

年博会はメイン会場に何がありますか?記者は貴方に注意して、全国各地のお土産、年博覧会でもたくさんの実用のガジェット、例えば鍋碗を煮て、茶器、端鍋クリップ、老眼鏡……

電子レンジでちょうど暑くない料理で便利端、綿手袋は汚れやすいので、もっぱらから鍋端皿の小さいクリップは燃えていた。羅列されて1列への黒い小さなクリップはぱっとしないで、すべてのじゅう元。社長は、彼は基本毎日100個売ることができると言って、彼は言って、彼は基本的に毎日100個。

老人は、いつもとは、お年寄りには、お手入れのために、お花のレンズまたは注意をしないでください。年博会で、40元副の韓国「転落」という韓国「転落」が、高齢者の注目を集めている。記者は、本当に壊れてはならない、と記者は、その場で、それは、セメントに捨てられて、その場では、その場では、その場では、その場では、それは、それは、セメントに捨てられている。もとは、この眼鏡の折り畳み方式を特殊処理、フレーム合併を一緒にいるとき、レンズが守って。購入時に疑問があれば、ボスにその場で「試してみてはならない」。

今日の天気予報は雨が降っているが、明日は好転する。年には1月10日、もしあなたはまだ年の博会を迎えに来なかったら、それは時間を要する時間を要することができます。